南魚沼 手打ちそば「牧之庵」    店主のひとりごと

セカンドライフ、あっと言う間の17年、終盤に入っています。時代は平成から「令和」へ。この際、爺も幕引きには良いチャンスと一瞬閃いたが、跨ぐのも一興、ほんのもう一寸だけ頑張ることにした。

                 「トップ画像:庭先に咲いてきた「都忘れ」、高貴で上品の花はババのお気に入り                                                                                                                                                                                                       牧之庵からのお知らせ(営業日変更について) 誠に恐縮に存じますが、5月の連休明けより、週末(土曜・日曜)、祝日のみの営業となりました。  また、夜の営業は全てお休みとさせて頂きます。宜しくお願い申し上げます。

*上州の赤城山へ(10月31日のこと)


今シーズンは、ここまで秋が深まりしも、いまだ満足の紅葉にはお目に掛かっていなかった。
我が家から眺めている山々も、どうもイマイチ染まり切れていない。
時期すでに、紅葉などと騒ぎ立てる時期ではない。高山には二度目の冠雪を見た。
先月の中旬(18日)、事情があってジッチャマだけが紅葉を求めて秋山郷に行った来たが、早すぎたのか、遅いのか?期待外れの紅葉狩りだった。
楓の色付きが悪い、これって真っ赤になるんかいな? それほどまでに染まりが悪い。
例年だと、この時期には真っ赤に染まったモミジの葉っぱを一枚天ぷらにして添えてきたが、牧之庵の庭先の葉っぱは染まる気配がない。
牧之庵を開業して以来16年、初めての出来事だ。
今シーズンの紅葉を、これまた事情があってお目に掛かれないババがいる。
そんなこんなを、都合のいい口実にして出歩き癖の老夫婦。
はっきり申せば「さぼり癖」、二日続けての放浪記(でも、サボタージュは一日だけよ)。 
最初の1日目(10月31日)は水曜日、牧之庵の定休日だから胸を張っての休日だよ。
早速、紅葉を求めてババが行く。そのお供にジジも行く。
まあ、遠くに行くには時間がなかった。
して浮かんだのが・・・・・、ほれまたテレビからのチョイス。
旅番組で、長島一茂さんが「上州の赤城山にロケで来たんだとか。
その時は、そこそこ綺麗な紅葉だったらしいんだが?
特別に何処其処に行きたいって訳でもなし。兎に角、お出掛けすればそれでよし。
赤城山なんか、牧之庵からは1時間半くらいのドライブコース。
そんなら行ってみるかな。長島さんに便乗して。
関越道沼田ICを下りて、上毛三山パノラマ街道経由で自宅から85キロ、お昼ちょっと前に現地に着いた。
ところがだ!何処も彼処も車、人、車・・・・・・・・・、ウヒャ〜、なんじゃこれ!
紅葉時期は過ぎたというに、聞いてみたら長島フィーバー、練馬、品川、神奈川、横浜・・・・・・殆どが県外ナンバー。
いやはや、テレビの影響って凄い!ホントに凄い!

何はともあれ、折角来たんだから先ずは赤城神社の参拝を・・・・・・・。
ところが、駐車場に車を駐める場所がない!
やっとの思いで車を駐めて、はてさて参拝を・・・・・・・!、これまたビックリ、参拝者の長蛇の列、御朱印を頂く大勢の人、人、人・・・・。
 
山頂にあるカルデラ湖「大沼(おぬま)」
 
 「赤城神社」参拝者の長蛇の列、テレビのロケの御利益だ!全国に三百以上の「赤城神社」があるんだそうだよ。ビックリだね!
どうにかこうにか参拝、御朱印を終え、はてさてお腹が空いてきたぞ。
ところがじゃ、どこもかしこも人、人、人じゃ!これじゃお昼に与れない。
参ったな〜。