南魚沼 手打ちそば「牧之庵」    店主のひとりごと

セカンドライフ、あっと言う間の17年、終盤に入っています。時代は平成から「令和」へ。この際、爺も幕引きには良いチャンスと一瞬閃いたが、跨ぐのも一興、ほんのもう一寸だけ頑張ることにした。

         「トップ画像」         梅雨入りし、庭先に咲いてきた「ホタルブクロ」、蛍がもうすぐ飛び交う季節                                                                                                                                                                                                       牧之庵からのお知らせ(営業日変更について) 誠に恐縮に存じますが、5月の連休明けより、週末(土曜・日曜)、祝日のみの営業となりました。  また、夜の営業は全てお休みとさせて頂きます。宜しくお願い申し上げます。

寒の戻り・春遠かれし

※春の5k・三寒四温、欺され易い春への移行
牧之庵の庭先は、すっかり雪が消えて一足早くに春が来ていた。
今シーズンは、平日営業を休止にしてきた牧之庵、時間がタップリあることに慣れないジッチャマは、時間の使い方に戸惑いを感じて今日まで。
庭先の雪は、爺が時間をもてあそんでスノーダンプで運び出し水路に排雪、綺麗さっぱり消してきた。
今年の冬は小雪のため、もうこれで雪は降り収まって春が来るのかな?
そんな気配を強く感じさせられてきたから、8日の降雪は全く予想外だった。(写真下)
f:id:bokusian:20190308065530j:plainf:id:bokusian:20190308065535j:plain
f:id:bokusian:20190308065551j:plainf:id:bokusian:20190308065603j:plain
こんな事もあろうかと、雪囲いは建物だけに留めて、庭木の囲いは我慢して残しておいた。
これまでも、早くに撤去しすぎて幾度となく辛酸をなめてきたんだよ。
先般も、ちょっと触れたが今のこの時期は、急激に春が訪れた錯覚にハマりやすいんだ。
過去にも、どれ程に欺されてきたことやら、のど元過ぎれば熱さを忘れるとは、良く言ったもんで欺され易い。
「春の5k」、「三寒四温」、惑わされる春への移行期。
春の彼岸も、すぐそこまで近づいてきた。この時期は欺しっくらだ。